中学英語もあやふやな初心者が、英会話教室に通う意味はある?

f:id:maccotan:20191029124017j:plain

「英語を学ぼう」と思ったとき、「英会話教室」という選択肢がパッと頭に浮かぶ人は少なくないのではないでしょうか?でもちょっと待って。英会話教室に通えば誰でも効果が出る、という訳ではないようです。7人の英語コーチからの、厳しくも温かいアドバイスをお届けします。

Q.中学英語もあやふやな英語初心者が、英会話教室に通う意味はある?

中学英語もままならない英語初心者なのですが、いきなり英会話教室に通って効果は出るでしょうか?

A. もしかしたらお金の無駄かも!

こんな質問に対して、コーチ陣からは次のような回答が寄せられました。

  • 身につくのは度胸だけかも
  • 英語学習の肝は自主学習にあり!
  • 通うなら日本人講師がおすすめ
  • お金の無駄遣いになるかも……
  • 「いきなり」はおすすめしません
  • 英会話教室は有効な選択肢の一つ!
  • 性格次第で有意義な初期投資に

多くのコーチの回答に共通するのが、ある程度の基礎(英文法や語彙力など)が身についた上で英会話教室に通った方が効率がいい、ということ。英会話スクールは費用もそれなりにかかるので、準備が整った状態で通うべき、というアドバイスです。

また、英会話教室に通う上では「相性のよい先生」「日本語で教えてくれる先生」を探すべきという意見も見られました。

では、以下、それぞれのコーチからのアドバイスをご紹介します(全7件)。各コーチのプロフィールや、これ以外の質問と回答は、こちらの記事に。

身につくのは度胸だけかも

基本的な文法、英単語、発音の理解なしでは成果なし
(福田圭亮)

初心者の場合いきなり英会話教室に行くことはおすすめしません。英語を話すにあたり最低限必要なものが3つあります。

・基礎的な英文法の習得
・中学卒業レベルの基礎英単語の習得
・正しい英語の発音の理解

です。これらが身についていない状態でいきなり英会話を始めても成果はほとんど上がりません。英語を話す度胸が身につくという点では効果があるので、全く意味がないとは言いませんが、いきなり英会話教室にいくことはおすすめしません。

英会話教室の講師も日本人英語に慣れているのでデタラメなブロークン英語でも理解はしてくれます。それで自分の英語が伝わっていると勘違いしがちです。実はこれが大きな落とし穴で、初心者の状態のときに間違った英語を間違ったまま使い続けると「化石化」といって間違った英語の感覚が染みついてしまいます。そして「化石化」された間違った英語の感覚は後々修正するのに多大な労力を必要とします。

ですので、初心者のうちはまずはしっかりと英語の基礎部分である「基礎的な英文法の習得」「中学卒業レベルの基礎英単語」「正しい英語の発音の理解」を身につけてから英会話を始めることを強くおすすめします。それらをしっかりと身につけた後で英会話を始めると最短距離で英語習得ができます。

英語学習の肝は自主学習にあり!

英会話教室は実践と口慣らしの場。通うだけでは上達せず
(五十嵐未知子)

私のところには、「英会話教室だと何にも教えてもらえずいきなり会話から入るので、きちんと英語の基礎や英文法を理解したい」という方が来られます。超初心者の人こそ、まずは英語の基礎を固めたい、という思いがあるようです。

特にネイティブの英会話教室だと、解説もないまま、丸暗記状態で表現を覚えていくので、確かに非効率に感じます。英語には規則性や型があるので、それらをしっかり身につけてから通うか、もしくはきちんと解説してもらえる英会話教室に通うのが良いかと思います。

そもそも、私は英会話教室は実践の場、口慣らしの場と捉えているので、自主学習の時間で学んだことを試すことをおすすめしています。すなわち、英会話教室だけ行くことでは英語は上達しないのです。週に1~2時間だけ英語を話しても、他の時間を圧倒的に日本語の環境にいたら、すべて忘れてしまうからです。

英語学習の肝は、自主学習にあるので、その時間どう自分で勉強するかが大事です。自主学習の中で、自分で英語の文法や単語を学んでいき、それを英会話教室で実践していく、という学び方であれば効果はあると思います。初心者向けにきちんと解説もある教室もあるようなので、そこで英語の基礎を学びながら会話をする、というスタイルが超初心者にはおすすめです。

通うなら日本人講師がおすすめ

質問できる&自分が話したい内容を学べる教室を選ぼう
(金子まりな)

中学英語もままならないという状態で英会話教室に行くと、少し圧倒されることがあるかもしれません。特に外国人講師の場合、日本人がどこでつまずいているのかが把握できず、また、説明が英語だと、それを理解するのも困難です。英語で質問をするのもハードルが高いため、分からないこともそのままにしてしまいがち。そのため、「英語には少し慣れたかな……」という程度で終わってしまう傾向にあります。

せっかく英語が話せるようになりたいと思って教室に通っても、説明が分からない、質問もできない、ではもったいないですよね。英語ならやはり外国人講師がいい、と思われるかもしれませんが、初心者の方は特に、まずは中学レベルの基礎文法と単語を身につけつつ、分からないことが質問できる日本人講師が安心です。

そして、英会話教室を意味あるものにするためにも、自分が話したい内容で会話の練習ができることが重要になります。例えば日本に来た外国人観光客に道案内ができるようになりたいと思っているのに、英会話教室で旅行英語を学んでも、実践的とは言えません。基礎レベルが身につけば、シンプルな英文を自分で組み立てる力はついているはずですから、後は自分に必要な内容で学んでいくことが上達の近道になります。

お金の無駄遣いになるかも……

一番大事なのは学習習慣。プロのサポートも検討しては?
(鬼英語コーチ☆サヤコ)

英語習得の目的や目標、そして投資できる時間や金額にもよると思います。でも一番重要なのは、英会話教室のカリキュラムおよび講師の質ですね。この2つのうち一つでも欠けていると、残念ながら時間とお金の無駄使いになる可能性が高いです……。

そしてもし仮に非常に良質な英会話教室を見つけたとしても、一番大事なのはご家庭での学習習慣です。1週間は7日間。7日間は168時間。3分の1を睡眠に使ったとしても、約110時間残ります。そのうち1、2時間を英語の勉強に使っても、残りの時間ずっと日本語に接しているようでは、正直大きな進歩は望めないからです。

とはいえ、初心者の方が単独で効果的な勉強方法を探し出し、それを継続するのは至難の業です。プロのサポートが必要と感じることもあるかもしれません。幸い最近はテクノロジーの進化により、ネット上でリーズナブルな価格のサービスが数多く提供されています。そちらも併せて試してみて、ご自分に一番合った教室またはコーチを見つけられてはいかがでしょうか。

「いきなり」はおすすめしません

自主学習をした上で、腕試しの場として活用すれば◎
(谷口恵子 / タニケイ)

私は英語学習コーチとして、生徒さんたちに英語学習の全体像を、(1)文法、(2)トレーニング、(3)コミュニケーション、(4)単語、の4つに分けて考えることをおすすめしています。(1)の文法は土台になるもの、(2)のトレーニングは、一人でできる自主練のようなもの、(3)のコミュニケーションは実践で英語を使うこと(読み書きも含む)、(4)の単語は、やはり英語学習には欠かせないもので、自分のレベルや目的に合わせて、増やし続ける必要があるものです。

英会話教室は、(3)のコミュニケーションの予行演習です。文法やトレーニングの積み上げなくコミュニケーションの練習をしても効果は出にくいですが、積み上げがあって、練習試合をするつもりで英会話教室に通うなら、とても意味があります。そういう意味では、初心者が「いきなり」英会話教室に通うことはおすすめしません。外国人と接することに慣れる効果もありますが、それだけなら英会話カフェやスカイプ英会話など、もっと安くて活用しやすい場はたくさんあります。

自分でできること(文法の確認、頻出フレーズを口に出すトレーニング、リスニングのトレーニングなど)はやっておき、腕試しのつもりで通うのがいいでしょう。「週末は何をしたの?」といった型通りの会話で終わらないよう、気になったニュースについて話せるよう準備しておいたり、仕事のプレゼンの練習をさせてもらうなど、あえて高いレベルに挑戦してみるといいと思います。

英会話教室は有効な選択肢の一つ!

初心者には良き指導者が必要。相性のいい先生を探そう
(船橋由紀子)

英語初心者、学習初心者の方こそ、独学で進めるのではなく「良い先生に導いてもらう」ことで効果が出やすいとも言えます。その意味で、英会話教室へ通うことは、一つの有効な選択肢になり得ます。

実際に英会話教室に通うのであれば、「初学者を教えるのが上手な先生に出会うこと」がポイントになります。急がず丁寧に進めてくれる先生、ゆっくり英語を喋ってくれる先生、あるいは日本語の説明も加えながら進めてくれる日本人の先生に指導を仰ぐのもいいでしょう。

また、初心者の段階では英語学習に良いイメージを持てることも重要です。通うのが楽しくなるような相性の良い先生に出会えると、さらにレッスンも楽しくなるでしょう。

大手の英会話教室は、ほとんどの場合予約時に先生を選ぶことができるかと思います。上記を踏まえつつ、「この先生とだったら英会話の勉強が続きそう!」と思える先生を探すような気持ちでレッスンに通い続けてみてください。信頼できる先生との出会いは最高の財産です。ぜひ、初心者の自分を支えてくれる先生と出会うための労力を惜しまずにいきましょう。

性格次第で有意義な初期投資に

行動派ならぜひ参加を。慎重派なら基礎力をつけてから!
(大西江美)

これはご質問されている方の性格によって回答アドバイスが変わる質問ですね。「中学英語もままならない」と書いていらっしゃるので、文法や語彙力も基礎から学んでいく必要があると思います。一般的に考えると、そのレベルの方に私は英会話教室をおすすめしません。コスト効率が良くないからです。

ただ、せっかくやる気におられる背景には何があるのか、質問者さんが「アクションをどんどん取る行動派」「楽観的」「人と関わるのが好き」「失敗を恐れない」タイプだとすれば、まずは英会話教室のグループレッスンで、ネイティブの先生などと会話する機会を持つことで、英語を、授業や机上の勉強ではなく、リアルなコミュニケーションツールとして認識を変えるために短期間の英会話教室通いは意味のある有意義な初期投資かもしれません。それで英語って楽しい!ってなれば儲けもの。あるいは、公民館などでお手頃な値段で自分が楽しいと思える英会話の機会が持てるなら、是非参加を考えるのもありでしょう。

一方で「人前で恥をかきたくない」「間違えるのが嫌」「コツコツまずは基礎を習いたい」慎重派の方は、書籍でまずは文法の復習に取り組んでみる、あるいは、ネイティブ講師の英会話よりも、日本人による英語教室、NHKラジオ英会話、英語コーチングなどに相談してみるのも選択肢だと思います。

英会話教室に何を求めるか、コスト効率と自分の優先度と合わせて、よく考えるといいです。