社内の公用語が英語に!早急に英会話を習得するには?

f:id:maccotan:20191029124017j:plain

もしも突然、社内の公用語が英語になったら、あなたはどうしますか?仕事で使う以上、ゆっくり勉強している暇はありません。「早急に英会話を習得する方法はある?」「英語初心者でもすぐに社内英語に付いていくためには?」気になる疑問に、7人の英語コーチがずばりお答えします!

Q. 社内の公用語が英語に!早急に英会話を習得するには?

会社の上層部が変わり、急遽、社内公用語が英語に変わってしまいました。早急に英会話の習得が必要なのですが、超初心者です。何から始めるのがいいでしょうか?

A. 中学レベルの英語から復習を!

こんな質問に対して、コーチ陣からは次のような回答が寄せられました。

  • 中学英語の復習で基礎固めを
  • まずは単語力と中学英文法の復習!
  • 初心者ほどプロの力を借りるのがおすすめ
  • AI翻訳も賢く使いながら学習しよう
  • 初心者なら、基礎文法のおさらいがマスト!
  • 簡単な教材で文法を覚えているか確認を
  • 自分の仕事を英語化してみよう

ほぼ全てのコーチが大事と言っているのが、「中学レベルの文法と単語」を復習すること。基礎固めをしっかりしつつ、仕事に必要な身の回りの英語を頭に入れていくのが得策のようです。また、短期間で習得したい場合は、初心者こそプロのサポートを受けるのが有効との意見も。

では、以下、それぞれのコーチからのアドバイスをご紹介します(全7件)。各コーチのプロフィールや、これ以外の質問と回答は、こちらの記事に。

中学英語の復習で基礎固めを

基本をしっかりと固めた上でオンライン英会話を
(福田圭亮)

超初心者の場合、一番最初に行うべきことは「中学英文法の理解」と「中学レベルの英単語の習得」です。

英語は日本語と語順が違います。日本語ではSubject(主語)+Object(目的語)+Verb(述語動詞)が基本ですが、英語ではSubject(主語)+Verb(述語動詞)+Object(目的語)が基本となります。このように日本語と英語では語順が大きく違います。英語は日本語と違い「単語を置く位置で意味が変わる言語」です。ですので、英語の語順を理解することがとても重要です。

そして中学レベルの英文法の復習と併せて行うべきなのが「中学レベルの英単語の習得」です。英単語を知らないことには何もできません。まずは中学レベルの範囲で良いので、しっかりとマスターすることです。中学レベルの英単語は日常英語・ビジネス英語共に頻出の単語ばかりですのでとても重要です。

これらをしっかりと行った上で、オンライン英会話レッスンを行っていくと効果的です。ただここで注意したいのが、これらの事前学習無しにいきなりオンライン英会話を行ってもほとんど意味が無い点です。

「英単語も分からない」「英文法もぐちゃぐちゃ」というような状態ではブロークン英語しか話せず、英語講師の言っていることもほとんど分からず英語力が伸びていきません。ですので「中学英文法の理解」「中学レベルの英単語の習得」という基本をしっかりと固めた上でオンライン英会話を行っていきましょう。

まずは単語力と中学英文法の復習!

単語力は英語の4技能に直結、文法は応用の利く英語の型
(五十嵐未知子)

超初心者におすすめするのは、まずは単語力と中学レベルの英文法の復習です。

単語というのは英語を勉強する上で、常について回り、残念ながら逃れられません。通訳学校でも常に単語、単語と先生に言われます。なので、単語はどのレベルでも継続的に学習しなければなりません。

単語力は英語の全てのスキル(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)に直結してきます。よって、単語力は英語力そのものだと言えますので、単語はどんなに初心者でも必ず覚えていきましょう。

また、中学校レベルの文法をマスターしておくと、日常会話はほとんどOKとなります。英語の文法はそれほど複雑ではなく、本当に中学レベルの文法が分かっていれば、ほとんどのことを英語で話すことができます。

文法は英語の法則、型ですから、一度覚えておくと、後からいくらでも応用が利きます。その意味でも、英文法を押さえておくことは、最速かつ最も効率の良い学習方法と言えます。

初心者ほどプロの力を借りるのがおすすめ

まずは中学レベルの基礎文法から必ずやろう
(金子まりな)

急に英語を使うとなると戸惑いますよね。今後もその会社に勤務し続けるとお考えであれば、長い目で英語が必要になってくるかもしれませんね。

超初心者であれば、まずは中学レベルの基礎文法から必ずやりましょう。そして文法とともに、普段ビジネスで使う表現を数パターン覚え、実践で活用していく、この繰り返しをしていくことで、短期間でも英語に慣れ、ビジネスのワンシーンで使えるようになっていくでしょう。その際、早急に英語力を上げる必要があるのであれば、初心者の方ほどプロの力を借りることをおすすめします。

文法は、テキストでは問題が解けても、実際に使おうとすると分からなくなったり、何が間違っているか自分で見つけにくかったりします。特に、品詞の混乱や、語順の間違いは、相手に通じないということもつながります。ここでつまずいていると、せっかくがんばっていても、実践的に使える力がつきにくくなります。ですので、分からないことはすぐに質問できる環境に身を置き、きちんと指導や添削を受け、学んだ文法をアウトプットしながら、「未解決」を引きずらないことが大切です。

AI翻訳も賢く使いながら学習しよう

ビジネス英語の習得は、日常英会話の習得より楽です
(鬼英語コーチ☆サヤコ)

意外かもしれませんが、ビジネス英語の習得は、ある意味日常英会話の習得より楽です。目的が明確ですし、使われる語彙や表現が限られているからです。とは言え、超初心者の方にはいきなり英語環境で仕事をするのはかなりきついですよね。心が折れてしまうのを防ぐためにも、下記の方法をお勧めします。

  • 週・月・年単位で目標を立てる

英語学習をギブアップしてしまう理由の1つは、達成感の欠如です。週・月・年単位で具体的な目標を言語化・数値化し、手帳などで毎日チェックしましょう(例:英語でスムーズに挨拶できるようになる、業務に関係のある単語を1カ月で50個覚える)。

  • AI翻訳も賢く使う

テクノロジーの進化のおかげで、自動翻訳機能も質がかなり向上してきました。もちろん誤訳もしばしば見かけますが、初心者の方が一から翻訳するよりはよっぽど正確です。リーディングやライティングにどんどん活用し、貴重な勉強時間はリスニングとスピーキング力向上のために利用しましょう。

初心者なら、基礎文法のおさらいがマスト!

社内の英語情報がキャッチできないなら、基礎単語も見直して
(船橋由紀子)

ドキドキ焦る気持ちもあるかと思います。が、まずは冷静に「自分にどんな英語力が求められるのか?」について、会社や上司とすり合わせするところから始めましょう。当然、会社側も社員の英語レベルによって期待することが変わってくるはずです。逆に、ここをすり合わせないことには目指すべき短期・中長期のゴールが設定しにくく、本当に必要な勉強計画に落とし込めません。

その上で、初心者である質問者さまには、まず基礎文法のおさらいをオススメします。闇雲に学習を進めるよりも、ルールや法則性を理解した上で学習を進めた方が効率よく積み上げができるからです。ぜひ「大人向けの中学英文法おさらい本」に一冊取り組んでみてください。その後で英会話の練習をする際、英文への理解がグンと早くなるはずです。

また社内公用語化の程度にもよりますが、自分で喋る以前に「社内で飛び交っている英語情報がキャッチできない」となると、危機的に困る可能性もあります。その場合「基礎単語の習得」に着手しましょう。まずは中学校レベルの基礎単語を「英単語→日本語訳」の回路で覚えることで、自分が受け取れる英語情報の受け皿を大きくするのです。

肝心の英会話のアドバイスに至りませんでしたが、まずは情報収集と合わせて、英語の基礎作りである文法のおさらいはマスト!必ず役に立ちます。

簡単な教材で文法を覚えているか確認を

英語コーチングなどのプロの手を借りるのも有効
(大西江美)

経営判断のM&Aが多いので、実際によく聞く話ですね。質問者さんは超初心者とおっしゃっているので、まずは単語と文法。この二本立てで英語の基礎を作っていくことです。この2つ無しで、表面的な学習(例えばフレーズ暗記)をしても応用が効かないからです。文法はまずは中学1年、2年の内容をしっかり復習することです。高校英語のような複雑な解説本は選ばずに、大人のためのやりなおし英語などの薄めの文法教材に取り組んで、まずは自分がどれくらい文法を覚えているかを確認することをおめします。語彙も単語本が書店に行けばたくさん売っていますから、バラバラと見てみて、自分が取り組みやすそうな本で、知っている単語がある程度入っている基礎レベルのものを上手に選んでください。

短期的に成果を上げていくためにプロのサポートを得るのも有効です。目の前に具体的なニーズがあったり、仕事でお尻に火がついている状態の方は、超初心者の場合、独学よりも、具体的なニーズに寄り添って、教材選定や効果的な学習の進め方もサポートしてもらえる英語コーチングで最短での効果的な学習をサポートしてもらうことも検討されると良いと思います。

自分の仕事を英語化してみよう

「自分が使う/使えそうな表現」に絞った学習を
(新垣裕子)

社内の公用語が急に英語に変わったのですね。環境の変化に前向きに対応されていて素晴らしいです!早急な英会話の習得ということで、すぐに取り組める学習と準備を2つご紹介したいと思います。

まず1つ目は、「自分の仕事を英語化する」ことです。ご自身が今日、職場でやったことを思い出し、それを英語にしていきます。辞書やオンライン上の辞書サイト、Google翻訳などを活用し、オフィスの身の回りにある物(棚→shelf)や今日行った動作(提出した→submitted)の単語を調べたり、「コピーを取る→make a copy」のようにフレーズで調べたりしてリスト化します。ご自身が頻繁に使うものや行う動作ほど英語で話す頻度も高くなるので、毎回その英語表現を思い浮かべ、時にはつぶやきながら業務を行うことで、学んだ表現がイメージとして定着していき、使える表現へと変わっていきます。

最近ではオフィス表現をまとめた英語表現集やオフィス英会話の本なども多数出版されているので、学習しやすそうな本を一冊選んで、時間を取って学習、または辞典代わりにお手元に用意しておくのもいいですね。書籍を選ぶ際には、ご自身が置かれた環境に近い、具体的なシチュエーションで使える表現(覚えやすい短いものから始めると取り組み易くなります)が紹介されているかを基準にすると選びやすいですよ。ぜひ手に取って学習しやすそうな好みの一冊を見つけてみてください。

2つ目は、ご自身の会社や関連会社のホームページを英語で読んでみることです。もしも英語版のページがなければ、お仕事されている業界についての英語での紹介記事などを見てみるのもおすすめです。

すでに日本語で知識のある、お仕事に直接関連する内容の英文は、他分野と比べると断然理解しやすく、また今後お仕事で使える表現が沢山詰まった表現の宝庫です。詳細までじっくり読んでみるのも良いですが、先述した「自分の仕事を英語化する」際の表現集として活用するのもおすすめです。

上記2つのご提案は、どちらも「自分が使う/使えそうな表現」に絞った学習法になります。「英語学習」と一口に言ってもとても範囲が広いので、まずはご自身に必要な、すぐに使えるような英語に絞ってみるのがおすすめです。そこから始めて、「文を作るには基礎文法があるといいな」と思えば中学文法を学び直してみるなど、ご自身に必要な知識やスキルに学習の範囲を広げていくのはいかがでしょうか。学んだ後すぐに使う機会が得られるのは語学学習では非常に理想的な状況で、学びの定着が早くなります。ぜひ実践的英語習得の機会を楽しんでください!