レアジョブ本気塾の評判は?

f:id:maccotan:20191029162058j:plain

レアジョブ本気塾ってどんな英会話スクール?

オンライン英会話の先駆け的存在であり、業界最大級の規模を誇るレアジョブ。そのレアジョブが提供している「本気」の英語学習プログラムが「レアジョブ本気塾」です。入会費50,000円、2カ月のレッスン代が350,000円ですので、本気度は料金からも伝わります。レアジョブの強みとするオンライン英会話レッスンを活用しながら、日本人の専属トレーナーがマンツーマンで指導をする短期集中型のレッスンです。専属トレーナーが受講生と同じように第二外国語として英語を学んだ方ですので、どのような学習法がベストかを実体験と共にアドバイスしてくれます。

まずは最初のカウンセリングで自分だけのオリジナルカリキュラムを作成してもらい、その計画に沿って1日平均2〜3時間の学習時間を確保します。オンラインレッスンを中心にスピーキングのレッスンを行いながら、定期的にトレーナーと面談を行うことで、日頃の学習が正しい成果に結びついているかを確認してください。

海外と関係のある仕事が今後ますます増えていく中で、英語の重要性も増しています。レアジョブ本気塾のメインユーザーは「海外出張が増えてきたので早く英語をマスターしたい」「英語でプレゼンができるようになりたい」というビジネスパーソンです。通学とオンラインレッスンの学習最適化で英語漬けの環境を作り出すことにより、2カ月間という短い期間でもビジネス英語を習得することを可能にしています。

レアジョブ本気塾の基本情報

会社概要
  • サービス名:レアジョブ本気塾
  • URL:https://honkijuku.rarejob.com/
  • 運営会社名:株式会社レアジョブ(RareJob Inc.)
  • 本社所在地:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
  • 設立:2007年10月18日
  • 資本金:557,027千円(2018年3月末現在)
無料体験レッスン
  • あり
プラン別料金
  • 本気塾ハンズオン (約2カ月間):400,000万(税別)(350,000円+初期費用50,000円)
料金に含まれるもの(公式ページより抜粋)
  • オンライン英会話レッスン受講料金(受講期間中:回数無制限)
  • 1回約60分、全8回のトレーナーによるマンツーマンセッション受講料金
  • 約2カ月間のパーソナルカリキュラム作成費
  • 1週間ごとのパーソナルスケジュール作成費
  • 受講期間中メール学習相談サポート費
  • ホームワーク等各種教材費
授業について(マンツーマンセッション)
  • 授業時間単位:約60分(週1回)
  • レッスン形式:対面、マンツーマン
授業について(オンラインレッスン)
  • 授業時間単位:25分
  • 対応時間帯:6:00〜24:30
  • 利用ツール:Skype、専用アプリ
  • レッスン形式:オンライン
講師について(マンツーマンセッション)
  • 講師の国籍:日本人
講師について(オンラインレッスン)
  • 講師の国籍:フィリピン人
  • 講師の人数:5,000名以上
教材やサポート

現在の英語レベルや目標値に合わせてカリキュラムを設定したうえで、専属トレーナーが最適な教材を選定。パーソナルカリキュラムの作成、マンツーマンセッションでの学習法指導サポートが受けられるほか、レアジョブ英会話の専用アプリもあります。

レアジョブ本気塾はこんな方におすすめ!

  • 主体的な学習姿勢を持っており、本気で英語を伸ばしたいと思っている方
  • 今すぐ、もしくは近い将来英語を使う必要がある方
  • 一度は諦めてしまったが、今度こそ本気で英会話に取り組みたい方

レアジョブ本気塾の3つの特長

  • 専属トレーナーとマンツーマンレッスン
  • 自分専用のカリキュラムで最短学習
  • 2カ月の短期集中プログラムで伸びを実感

レアジョブ本気塾の3つの注目ポイント

1. 専属トレーナーとマンツーマンレッスン

レアジョブ本気塾が提供するプログラムは「Hands-On(ハンズオン)」と呼ばれており、専属トレーナーと受講生が常に二人三脚で進めていきます。ハンズオンのトレーナーは留学経験があったり、帰国子女のような方ではなく、受講生と同じように時間をかけて第二言語として習得しています。数々の研修を重ね、英語学習指導のトレーニングを積んでいるため、どのアプローチがベストなのかを理解しています。信頼できるトレーナーと2カ月間にわたって濃い時間を共有することで、理想とする英語力に到達することができるのです。

2. 自分専用のカリキュラムで最短学習

通学式の英会話レッスンとは違い、レアジョブ本気塾は受講生一人一人の苦手分野や弱点をヒアリングしたうえで、最適なカリキュラムを作成します。「単語力や文法が弱い人」、「リスニングはできるけど言いたいことが言えない人」などそれぞれのレベルに合わせるので、限られた時間を有効に活用することが可能です。ここでは、期間中の2カ月間で実際にどのようなレッスンを受けられるのかを見ていきます。

スピーキング

どんなに英語の知識を増やしても、アウトプットの機会が少なくては、英語が口から出てくるようにはなりません。レアジョブ本気塾の期間中であれば、オンライン英会話を無制限で利用することができます。有料会員では1日のレッスン回数が限られていましたが、レアジョブ本気塾では話したいだけ英語を話せます。会話に重視した第二外国語習得のアプローチで、ヨーロッパ言語共通参照枠CEFRの日本版を採用しているので、「TOEIC の点数は良くても一向に英語が話せない」と悩んでいる方に特におすすめです。

リスニング

オンライン英会話レッスンでもリスニング能力を向上させることはもちろん可能です。レアジョブ本気塾ではオンラインのレッスンと並行してディクテーションの練習を取り入れています。ディクテーションとは、聞こえてきた音声を、そのまま文字に完璧に書き移すという訓練です。文字どおり完璧に文字で再現をするので、最初はかなり時間がかかります。しかしディクテーションをすることで、聞き取れない単語や理解の薄い文法箇所を洗い出すことができますので、英語の基礎力を固めるのに有効なトレーニングになります。

ライティング

ライティングは、ビジネスシーンやプレゼンなどで必要な英作文の能力です。文法や単語の使い方をはじめ、英語で文書を組み立てていく構成力も養われます。専属のトレーナーが添削をしてくれるため、疑問点などもお気軽に解決することができます。また、文章を書いて添削して終わりではなく、添削後の文章を暗記することで、会話力アップにも繋げていきます。このように、スピーキング、リスニング、ライティングを日々の課題として、英語漬けの環境を2カ月間にわたり送ることとなります。

3. 2カ月の短期集中プログラムで伸びを実感

英語の勉強を習慣化できていない人が、2カ月間英語漬けの日々を送るのはとても大変なことです。最初の1週間は頑張れたとしても、徐々に中だるみなどでモチベーションが低下してしまいます。受講生の日々のパフォーマンスを維持するために、レアジョブ本気塾では専属のトレーナーが学習状況を日々チェックします。学習スケジュールの管理をしたり、個人面談での学習アドバイスを行うこともトレーナーの役割です。

トレーナーによる学習スケジュールの管理

レアジョブ本気塾では、課題をこなすために1日に2〜3時間の学習を確保する必要があります。日頃忙しい社会人の方が2〜3時間を作り出すのは容易ではありません。そこで専属のトレーナーが、受講生の日々の生活スタイルを見直し、すきま時間を生み出します。カリキュラムを確実にこなせるように、いつ、どこでどの課題をやればいいかなども細かく指導します。これにより受講生は、目の前の課題をこなすことに集中することが可能です。

「セッション」による学習アドバイス

週に1回、セッションと呼ばれるトレーナーとの面談があります。日々の学習でのお困りごとや不明点などを解決し、英語学習の軌道修正をする場として活用してください。モチベーションの維持だけでなく、自分では気づかなかった弱点を知れるとあり、利用者からの評価も高いです。

レアジョブ本気塾の無料体験をレビュー

アルク運営メディア『GOTCHA!』の編集部が、レアジョブ本気塾の無料体験を原宿本社スタジオで行ってきました。様々な英語学習サービスを体験してきた筆者だからこそわかる、今回の無料体験レポートをお届けします(取材当時の情報です)。

gotcha.alc.co.jp

まずは無料体験の申し込み

無料体験は公式ホームページから申し込みを行います。フォームに連絡先や希望日時などを入力するだけですので簡単です。後日、メールで最終的な日時を調整します。

レアジョブの本社スタジオは原宿駅から徒歩8分ほどで、非常に便利な場所にありました。オフィス屋敷入口があるので、備え付けの電話から体験レッスンに来たことを伝えます。

エントランスを入ると大型モニターや人工芝の床、などよくあるベンチャーの会議室のような場所がありました。全体的にとても綺麗で、清潔感のあるオフィスです。いくつかある部屋のうちの一つに通されました。

日本人トレーナーからの説明

体験レッスン担当してくれるトレーナーと対面をし、無料レッスンはスタートします。最初は英語を勉強しようと思う目的や、過去の英語勉強に関する情報を簡単に聞かれました。基本的にはトレーナーからの質問されたことに対して、シンプルに答えていけば大丈夫です。

「特にどのような場面で英語を使いたいか」という質問に対しては「Web関係の仕事をしているので、専門用語なども英語で使うようになりたい」との回答をしました。ヒアリングをもとにしてレッスン計画を作成しますので、ヒアリングに関しては肩肘張らず正直に答えた方が良いと思います。

レアジョブ本気塾の体験レッスンの様子

レアジョブ本気塾に関するトレーニング方法やレッスン内容に関する説明を受けたのち、早速 Skype の着信音とともにオンラインレッスンが始まりました。心の準備ができていなかったので、正直かなり焦りました。Nice to meet you.などの簡単な挨拶から始まり、以下のような質問がきました。

※( )内は英語にできなかった私の心の声です。

講師:What is your job?
自分:Amm… I am a freelance IT specialist. (フリーランスって言葉、英語でそのまま使っていいの?)

講師:Are you a designer?
自分:No, I am a web director. (ウェブディレクターって和製英語じゃないのかな? というか仕事範囲もバラバラ。ウェブディレクターと一語で表せるかどうかも正直微妙...)

講師:OK, so what kind of things do you do?
自分:Amm… designing and maintaining web sites...(でも本当はサイト分析とかWEBマーケティング、システム開発の企画設計、デザインとか色々やっているんだけど...)

講師:Do you like your job? Why or why not?
自分:Ah, I like my job because I can make my own schedule. (他にも「ITとかWEBに詳しくない企業とかを助けることで、喜んでもらえること」言いたいんだけど、なにせ単語が出てこない。)

講師と私の会話の一部を紹介しましたが、いかがでしたか? ご覧の通り心の中の声が非常に多く、言いたいことが口から出てこない状況に終始モヤモヤしていました。他の英会話体験レッスンで教えてもらったことにも気をつけながら会話をしていましたが、それでも言葉に詰まってしまいます。

また今回の体験では音声のみのレッスンで、講師の方の顔が見えませんでした。いつものお得意スマイルでごまかすこともできません。さらに追い討ちをかけるように、日本人トレーナーがすぐそばに座っていて黙って私の英語を聞いているのです。トレーナーも授業を見て、私の英語レベルをしっかり確認している様子が「さすが本気塾だなぁ」と感じました。15分のレッスンでしたが、本当にあっという間に終了しました。

まとめ

オンラインレッスンが終わった後は、内容を振り返りながらトレーナーの方からフィードバックと、今後の学習のアドバイスをいただきました。私の場合、リスニングは概ねできているものの、仕事に関連する英単語に関してはもう少し学習が必要だという評価でした。今回のスピーキングでレベル、トレーナーの方が学習カリキュラムを組むことになります。無料体験でしたが、トレーナーの方からアドバイスをいただけたので、今後の学習の参考として役立つなと思いました。これを機に英語を勉強したいという気持ちの強い方は、ぜひ一度無料体験に参加をしてみることをおすすめします。