RIZAP ENGLISHの評判とは?

f:id:maccotan:20191029162058j:plain

ライザップイングリッシュってどんな英会話スクール?

「結果にコミット」のフレーズを世に広め、ダイエット業界で大きな注目を集めたライザップ。そのライザップが英語学習を目的とした集中トレーニングプログラムを開発しました。TOEICのスコアアップや、英会話の向上など、ビジネスニーズに合わせて専属トレーナーがオーダーメイドで学習計画を立てるのが特徴。

語学学習の理論に基づき開発されたライザップの英語学習システムは、無駄が一切なく、限られた時間の中で最大限のアウトプットを保証しています。週に2回のプライベートレッスンに加え、毎日「シュクダイ」とよばれる学習時間が確保されます。課題もかなりの分量ですので、最初はそれをこなすのに精いっぱいかもしれません。しかし専属トレーナーがメンタル面も含めて全力でサポートをしてくれますので、二人三脚で乗り越えることができます。

ライザップイングリッシュ基本情報

会社概要
  • サービス名:ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)
  • URL:https://www.rizap-english.jp/
  • 運営会社名:RIZAP ENGLISH株式会社
  • 本社所在地:東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F
  • 設立:2016年4月
  • 資本金:5000万円
無料体験レッスン
  • 無料カウンセリングあり
プラン別料金(英会話スキルアップコース)
  • Pattern Speaking(17回コース):328,000円(税別)
  • Listening (24回コース):450,000円(税別)
  • Communication (25回コース):450,000円(税別)
プラン別料金(TOEIC® L&R TEST スコアアップコース)
  • TOEIC® L&R TEST スコアアップコース (16 回):328,000円(税別)
  • TOEIC® L&R TEST スコアアップコース (24 回):450,000円(税別)
  • TOEIC® L&R TEST スコアアップコース (32 回):572,800円(税別)

いずれのコースも、別途入会金50,000円(税別)が必要です。

授業について
  • 授業時間単位:50分
  • 対応時間帯:7:00~23:00(店舗、曜日により異なる)
  • レッスン形式:マンツーマン
講師について
  • 講師の国籍:日本人
  • 講師の勤務環境:オフィス
教材やサポート

ライザップイングリッシュのオリジナルテキストを使用。ただし、受講コースによって、トレーナーが選定する市販の教材を使用することもあります。また、通学中も無料カウンセリングのサポートが受けられます。

特徴

世界標準の英語教育システムと、13万人で証明された「人に寄り添う」RIZAP流メソッド。プログラム開始から30日間以内にやめる場合は、全額返金可能。

ライザップイングリッシュはこんな方におすすめ!

  • 厳しい日本人の専属トレーナーにしっかりと管理してもらいながら勉強したい方
  • 日本語ネイティブの先生に、しっかりと教えてほしい方
  • 数カ月の間にどうしてもTOEICの点数を伸ばさなければならない方

ライザップイングリッシュの3つの特長

  • 「なりたい自分」を叶える結果コミット型英語プログラム
  • 壁を乗り越えるRIZAP流PDCAサイクル
  • 自己学習ではない惜しみない寄り添いで結果にコミットするトレーナー

ライザップイングリッシュの6つの注目ポイント

1. 結果にコミットする日本人の専属トレーナー

ライザップイングリッシュが支持される理由の一つは、やはり専属のトレーナーです。入社後にはおよそ168時間もの研修があり、コーチングのノウハウや、メンタルのサポート方法などを学びます。配属後も専用の教育係によって、随時研修が行われます。このような教育システムを経たトレーナーは、高い専門性をもとに、学習者をあらゆる角度からサポートし成功に導きます。

まずは無料カウンセリングのときに、生徒の現状の英語力をテストします。その結果を分析し、そして達成したい目標やなりたい自分などをヒアリングしたうえで、最適な技能を持つトレーナーが選ばれるという仕組みです。

トレーナーはすべて日本語ネイティブですので、外国人講師の英会話スクールにありがちな「英語だけで何を言われているかわからない」という心配はありません。自身も英語を勉強してきたからこそ分かる「つまずきポイント」を的確にサポートします。

2. 結果コミット型英語プログラム

ライザップの代名詞ともなっている「結果にコミット」。ライザップイングリッシュでは、科学的なアプローチで、学習者1人ひとりの目的達成をサポートしています。

私たちは英語を話すとき、一度頭の中で日本語に変換してから英語を話すのが一般的です。しかしライザップイングリッシュが求める理想は「英語脳」をつくることです。つまり、頭でイメージしたことをすぐに英語で発話したり、英語での読み書きも日本語を介さずに直接英語で理解することを目指します。脳内で日本語を介在させないことによって、英語コミュニケーションに対する恐怖心が払しょくされ、堂々と英語を使えるようになります。

ライザップイングリッシュでは、英語脳を鍛えるために、質と量の両方で継続的に学習ができるようなプログラムになっています。プログラムは「英会話スキルアップコース」と「TOEIC® L&R TEST スコアアップコース」の2種類です。「なりたい自分」から逆算をしてやるべきことだけを重点的に取り組むことで、短期間であっても「結果にコミット」することができます。

3. RIZAP流PDCAサイクル

英語の学習でもダイエットでも、いかに効率よく目的を達成するかに必要なことは同じです。それはPDCAのサイクルを「速く」「正確に」実行することであり、ダイエットで培ったライザップの強みが、語学の目標達成にも活かされています。ライザップイングリッシュのPDCAとはすなわち[1]Plan(学習のプランニング)→[2]Do(日々の学習の継続)→[3]Check(学習の進捗状況を確認)→[4]Action(課題改善のための方法を考案)です。

正直なところ、ライザップイングリッシュの期間中はかなりハードなスケジュールになります。普段仕事で忙しい方であればなおさらでしょう。そんな大変な時にでも目標を見失わず、継続的にモチベーションを保てるように、専属トレーナーと二人三脚でPDCAを進めていくことになります。

4. ハードな「シュクダイ」と徹底的な進捗管理

ライザップイングリッシュでは、1日2~3時間の「シュクダイ」と呼ばれる自己学習の時間を推奨しています。とはいっても、日々の生活の中でそんな多くの時間を割くのは簡単ではありません。そこで専属のトレーナーが生徒の生活サイクルから見直し、学習時間の提案をします。

具体的には、すき間時間を洗い出し、それぞれの時間でどんな内容の勉強をするかまで、すべてトレーナーが考えてくれます。「結果にコミットをするためにはこれくらい必要なんだ」という専属トレーナーの熱量が伝わってくるのではないでしょうか。当然ながらプランニングをしただけでは意味がなく、あとは本人の問題です。短期間で集中して結果を出すためには、それなりの覚悟と努力が必要だということが分かります。

とはいえ現実離れしたプランはモチベーションの低下を生みかねません。無理はせずちょっと厳しそうだと思ったときは、トレーナーと再度相談することをおすすめします。

5. 開始から30日間は全額返金保証

利用者に安心して始めてもらえるように、ライザップイングリッシュでは全額返金保証制度が用意されています。しかも始めてから30日以内であれば、いかなる理由でも全額を返金するというのです。多くのコースは2カ月を想定していますので、コースの半分が経過するまで返金期間を設けるというのは、他の英会話サービスにはないライザップイングリッシュの特徴です。

6. オンラインレッスンも開講

「通学圏内に店舗が無い」「定期的な通学をするのが難しい」といった声に応え、ライザップはオンライン専用のレッスンも設けています。出張や移動が多いという方でも継続できるため、より多くのビジネスマンのニーズにマッチしています。対面での臨場感を再現するために、オンラインレッスンの専用のトレーニングを積んだトレーナーが担当するというのも安心です。勉強する時間が取りづらい方であっても、一緒に生活サイクルを見直して英語学習が継続できるよう、トレーナーに相談をしてみてください。

ライザップイングリッシュ 無料体験レビュー

アルク運営メディア『GOTCHA!』の編集部が、実際にライザップイングリッシュの無料カウンセリングを体験してきた感想です(取材当時の情報です)。

gotcha.alc.co.jp

ライザップイングリッシュのカウンセリング予約

申し込みはインターネットかまたは電話から行います。今回筆者はネットからの予約を行いました。まずライザップイングリッシュの公式ページ(https://www.rizap-english.jp/)から「無料カウンセリング予約」という緑色のタブをクリックし、申し込みフォームへ進みます。

必須の申込項目は名前、メールアドレス、そして電話番号の3つのみですので、1分もあれば手続きは完了です。その後、メール、もしくは電話にて折り返しがあるため、そこでカウンセリングの日程を調整することになります。

ライザップイングリッシュ 無料カウンセリング当日

スクールは2019年12月現在では、銀座、渋谷、池袋、新橋、新宿、新宿御苑、日本橋、秋葉原、赤坂見附の9つのスクールがあります。今回筆者が訪れたのは新宿校です。新宿校は内装がとてもきれいで、清潔感にあふれていました。テーブルにつくと、早速担当者の方とのカウンセリングが始まります。肝心の内容ですが、基本的にはヒアリングとレベルチェックの2つです。

ヒアリングでは、英語の勉強法に関する悩みや現在の状態、そして英語を学ぶ目的や、長期的な目標などに関して聞かれました。そしてレベルチェックですが、こちらは音声のディクテーションや英語のスピーチなど、かなり本格的なものです。「簡単なペーパーテストだけだろう」とたかをくくっていただけに、面食らってしまいました。無料カウンセリングにしてはかなり本格的なレベルチェックテストでしたので、これから行く人はすこし英語の口ならしをしてから行くとよいかもしれません(笑)。

レベルチェックテストが終わると、その結果をもとにして英語の問題点や勉強方法のアドバイスを受けます。私の場合は「英語の知識は多いが、アウトプットの経験が少ないので知識をうまく生かせていない」というものでした。確かに大学までで勉強した知識はかなりあるものの、仕事で使う機会も限られており、アウトプットの経験はありません。トレーナーの指摘は、まさに目からうろこでした。またカウンセリング中、トレーナーの方はできるだけ主観を排除して、科学的な根拠に基づく説明を意識していました。

確かに英語の学習に関しては、これまでのバックグラウンドや今後の目標は各々で異なります。トレーナー個人の経験よりも、納得のしやすい科学的な根拠を使って説明をしようという心遣いを感じました。結論から言うと、無料のカウンセリングだけでも訪れる価値は十分すぎるほどあったというのが私個人の感想です。

まとめ

無料のカウンセリングを通して、ライザップイングリッシュに通って本気で頑張れば、間違いなく英語力は向上するだろうなと感じました。しかしお金を払えば誰でも目標を達成できるかというと、当然そうではありません。時間的にも金銭的にも、かなりの時間を英語の勉強に「コミット」するので、それ相応の負荷はかかります。特に英語の勉強が習慣化されていない最初の1週間は、投げ出したくなることもあるかもしれません。

ライザップイングリッシュは生半可な気持ちでは続かないでしょう。トレーナーの方も全力で向き合ってきますし、目標が高ければそれだけ日々の要求も高くなります。確固たるモチベーションがあって、努力ができる人でないと、ライザップイングリッシュとしても歓迎はできないはずです。「必ず目標を達成するんだ」という熱い意志を持った人は、ぜひライザップイングリッシュの門をたたいてみてください。